ESPRESSIVO
「日常に埋没することなく表現者たれ!」
ESPRESSIVO
+
nevver:

Delft, Echo Morgan
nevver:

Delft, Echo Morgan
nevver:

Delft, Echo Morgan
+
baddie:

alandistro:

rhetthammersmith:

dog cloud over Manhattan 

OMG it’s Falkor!

FAAALKOOOOOOR
baddie:

alandistro:

rhetthammersmith:

dog cloud over Manhattan 

OMG it’s Falkor!

FAAALKOOOOOOR
+
"

の子育ては親の負荷が大きすぎると思う。

この状態で女性社会進出だとか共働き社会だとか言っても無理がある。

僕が知ってる限りでは、現在共働き家族を支えている家庭の裏には親の親(=祖父祖母)の貢献が非常に大きい。

ブラック企業の法外な労働搾取を国が介入してストップさせるのと同じように

人間的な負荷で子育てができる環境を、国をあげて作っていく必要があるんじゃないかなと思った。

"
まじで子育ての難易度どんだけ高いんだよって地元帰省して思った話 (via kotoripiyopiyo)
+
"大阪ガス時代の同期は東大や京大卒のエリートばかりだったのだが、自分にはもちろん欠けている部分は多いけれど、でも僕から見ると彼らにも何かが欠けていて、そこにさほど大きな違いがないように感じた"
走りながら考える / 為末 大 (via ebook-q)
+
"

ある大学でこんな授業があったという。
 
「クイズの時間だ」
教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」
教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、
壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」
学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。

彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」
と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。
この例が私達に示してくれる真実は、 大きな岩を先に入れないかぎり、
それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、
家庭であったり・自分の夢であったり…。

ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから
自分の壺を満たしていけば、 君達の人生は重要でない「何か」に
満たされたものになるだろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、
その結果それ自体失うだろう。

"
コピペ新聞 (via lovecake) (via woody08) (via shinoddddd) (via atorioum) (via hisame) (via bardiche-side-b) (via gkojay) (via breaksole) (via darylfranz) (via mr-moai) (via nom0623) (via allsundaysmoon) (via bochinohito) (via diving-penguin) (via e-tag) (via magurohd) (via layer13) (via caprice-monologue) (via yamsum) (via lidentity) (via hrowl) (via poochin) (via an-k) (via aokikouji) (via gintonic)
+
nevver:

How to bend light, Anwen Keeling
nevver:

How to bend light, Anwen Keeling
nevver:

How to bend light, Anwen Keeling
nevver:

How to bend light, Anwen Keeling
nevver:

How to bend light, Anwen Keeling
nevver:

How to bend light, Anwen Keeling
+
"

洋画の吹き替えやアニメやゲームのアフレコ、ラジオ番組のパーソナリティと垣根を設けず、声を使った仕事には幅広く挑戦してきましたが、声をかけていただいてもお断りしてきたことがひとつだけあります。それは歌を歌うこと。僕は歌が下手で、ファンの方たちがネタにしていたほど。自分が大勢の前で歌うなんて想像できないし、聞くに値しないものを市場に出すのはあり得ないと思っていました。

その僕が数年前から歌うようになったのは、若い人たちにメッセージを伝えたいという思いが大きくなってきたから。声優として専門学校の講演に呼んでいただいたり、イベントで声優志望の10代や20代の皆さんと会うと、エネルギーにあふれてキラキラしている人たちがいっぱいいるんです。一方で、実際に行動を起こす前から先のことを考え過ぎて動けない人たちもいっぱいいる。そういう人たちに「挑戦することが大事」なんて言っておきながら、上手になる努力もしないで「歌は無理」とせっかくのお話をお断りしている自分に矛盾を感じて。言葉だけでなく、僕自身が挑戦する姿を見せなければと歌うことを決めたんです。

"
浪川大輔 | 就職ジャーナル (via katoyuu)
+
toronei:

Twitter / yoiyami_: よくわかる大阪府 …
+
"津田「Googleで一個、僕のオススメのテクがあって、Googleのイメージ検索で、B83W58H88みたいなのでイメージ検索すると、そのプロポーションの女性の画像が凄い出てくるんですよ」"
2009年5月24日「現代の現代思想」Part7(外伝2)/TBS RADIO 954kHz/Podcast
ssbt:
(via proto-jp, proto-jp) (via ilililililililililililili, ilililililililililililili) (via next2501, next2501) (via zaiga, zaiga) (via dokuroou, dokuroou) (via zenigata, zenigata) (via igi, igi) (via katoyuu, katoyuu)
+
pedalfar:

500px / Adv by Denis Kartavenko